« 事業報告書[子育て支援サークル野の花ほっとスペース] | トップページ | 事業報告書[特定非営利活動法人てんやく絵本ふれあい文庫] »

2023年1月 6日 (金曜日)

事業報告書[特定非営利活動法人チェンジングライフ]

2020年度大阪帝塚山ロータリークラブ社会奉仕基金事業報告書

報告者:特定非営利活動法人チェンジングライフ 理事長 野田 詠氏
URL:https://changing-life.net

この度は、帝塚山ロータリークラブ60周年特別枠として、
本事業にご支援をいただき、会員皆 様に心より、感謝申し上げます。

【事業名】社会的居場所を喪失した若者の他機関連携支援事業

【事業報告】

事業計画に基づき、医療、福祉、就労、法律の各分野において、
多機関連携、及び 専門家へと繋ぎ、社会との関わりと自立に向けた一歩を支える
『同行支援』を実施することが出来ました。(延べ61回)

*(医療) 診察同行 …… 18回
*(福祉)市役所同行 …… 21回
*(就労) ハローワーク同行…… 16回
*(法的支援)弁護士相談 ……  6回

【成果】
社会的養護のもとで生きて来た若者にとって、生きていく上で必要な手続きである、
就労、医療、福祉、法的支援。一人で出向いて単独で抱え込むのでなく、
信頼できる大人が同行し、フォローすることで、安心して、
必要な手続きへと進むことが出来、自立への階段を着実に上っていく助けになりました。

仕事が長続きしない少年にハローワークや面接、就活など、
辛抱強く、サポートすることによって、就労定着に至った少年。
親から受けてきた虐待の傷で今の安心できる居場所を知られないための
支援措置(閲覧制限)の手続きの同行。弁護士への相談やかつてお世話になった児童相談所の
助けなども受け、『自分は一人ではないと思えました。』という声を聞くことが 出来たこと。
体調を崩し、本来なら、親が付き添って病院に連れて行ってくれるところ、
施設退所後の一人暮らしでなんでも自分で解決していかないといけないプレッシャーの中、
スタッフが同行して、診察に立ち会うことで、「ほっ」とした表情を見せる青少年たち……。

帝塚山ロータリークラブの皆様のご支援によって、
子どもたちに寄り添うことが出来ました。心より、感謝申し上げます。

« 事業報告書[子育て支援サークル野の花ほっとスペース] | トップページ | 事業報告書[特定非営利活動法人てんやく絵本ふれあい文庫] »