« 2020~21年度役員理事委員会構成 | トップページ

2020年7月 1日 (水曜日)

会長活動計画 (矢木崇善会長/2020~2021)

会長 矢木 崇善

 2011年7月、3つのクラブが合併して大阪帝塚山RCが生まれました。それから丸9年が経過し、また今年は住吉RC開設以来60年を迎える記念すべき年にあたりますので今までの会長が行ったことを引き継ぎ、中核的価値観である親睦・高潔性・多様性・奉仕・リーダーシップを基に魅力あるクラブへと活動していく所存であります。

今年度RIホルガー・クナーク会長のテーマは
「ロータリーは機会の扉を開く」であります。

2660地区 簡 仁一ガバナーのテーマは
「BACK,To the FUTURE ~基本に戻って、未来へ~」
 ロータリーの基本を再認識
 ロータリアンとしての誇りと自信を
 ロータリーの未来をつくる

であり、RIテーマを理解し、地域の特性にあった活動をすることにより具現化します。
ロータリーの原点である親睦と職業奉仕を根幹とし、世界及び地域社会でよい変化を生み出します。
それぞれが「魅力ある・元気ある・個性ある」クラブになることを目指します。

クラブの目的としては
 1.「ロータリーの目的」の達成を目指すこと
 2.五大奉仕部門に基づいて成果あふれる奉仕プロジェクトを実施すること
 3.会員増強を通じてロータリーの発展に寄与すること
 4.ロータリー財団を支援すること
 5.クラブレベルを越えたリーダーを育成すること

今年度の具体的な活動としては
 1.創立60周年記念事業の実施並びにそれに伴う事業の計画と実施
 2.2660地区IM6組ロータリーデー地区研修協議会の準備と実施
 3.設立3年目を迎えるローターアクト及びインターアクトとの繋がりを深める
 4.クラブ内での同好会の拡充と活性化。年数回の親睦会を通じて会員相互の繋がりを深める
 5.世界的なコロナウィルス感染症パンデミック下での奉仕事業の検討と実施
 6.クラブ入会者の基盤を拡げるための方策と実施。
 7.変動性、不確実性、複雑性、曖昧性の現代におけるクラブのビジョンと方策とリーダーの育成
 8.ロータリー財団、及び米山記念奨学会への寄付増進に努める
を挙げさせていただきます。

本年一年、会員の皆様、理事の方々のご活躍、ご健勝をお祈りいたしますと共に、ロータリークラブ節目の記憶に残る年としてより一層のご協力を賜りますようお願い申し上げます。

« 2020~21年度役員理事委員会構成 | トップページ